経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2014.09.29

共感マップを使って売上アップ

634f12_1f8ca7751d2b40a9b687fe350612fdb2
今回は、顧客目線でものごとを考えるのに役立つ、「顧客分析ツール」をご紹介します。

ツールの名前は、「共感マップ」と言って、XPLANE社が開発したものです。

上の共感マップの絵をご覧ください。

共感マップに配置された次の6つの質問にこたえることによって、顧客の目線に立って、顧客を分析していきます。

 

[1] 顧客は何を見ているのか

[2] 顧客は何を聞いているのか

[3] 顧客は何を感じ、何を考えているのか

[4] 顧客はどんなことを言い、どんな行動をしているのか

[5] 顧客の痛みやストレスは何か

[6] 顧客が本当に欲しいもの、必要としているものは何か

 

このツールは、いろいろなことに使えます。

例えば、商品・サービスの開発、顧客獲得(集客)、新規事業立案などでしょうか。

すぐにできますので、早速、やってみてください。

おひとりなら、頭の中で。

みんなでなら、模造紙と付箋を用意して。

ただし、使用するときは、お題(目的)の設定を忘れずにしてください。

ブランドプロミス

最新技術で、2倍支援し、逃げない

当社は、顧客企業と同一の地方都市に立地しながらも、経営技術は最新(温故知新含む)のものを導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして、通常のコンサルタント会社に比べて2倍の支援をしております。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、千曲市、上田市、須坂市、中野市、飯山市、安曇野市、松本市、塩尻市、東御市、小諸市、佐久市、大町市の近郊です。
当社は、これらのブランド・プロミスを守るために、日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
もしも、無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、無料メール会員や経営セミナーなどからお試しください。