経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

社員の生産性をもっと上げて大成功したい経営者の方へ。「今いる社員の残業時間をゼロにして2倍の生産性で仕事をこなすための」組織デザイン技法セミナー 経営者が最も欲しい情報でありながら、最も入手が困難な「組織構造の作り方」の9つのポイントと実践的ノウハウを完全網羅。

社員の生産性をもっと上げて大成功したい経営者の方へ。「今いる社員の残業時間をゼロにして2倍の生産性で仕事をこなすための」組織デザイン技法セミナー 経営者が最も欲しい情報でありながら、最も入手が困難な「組織構造の作り方」の9つのポイントと実践的ノウハウを完全網羅。


開催日時・場所

長野会場

A日程2017年11月22日(水)10:00-12:00 ※終了
B日程2017年11月22日(水)14:00-16:00 ※終了

松本会場

A日程2017年11月15日(水)10:00-12:00 ※終了
B日程2017年11月15日(水)14:00-16:00 ※終了

※セミナーの内容は、いずれの日程も同じです。

【長野会場】 長野市生涯学習センター3F 第6学習室
【松本会場】 松本商工会館6F 605会議室

社員の生産性、低過ぎませんか?

ここで言う生産性とは、

  • 社員一人当たりどれくらい粗利を稼いでいるか
  • 担当職務をどれくらい速くたくさんこなせるか
  • トラブルや後戻りが少なく、仕事がスムーズか
  • 会社が更に良くなるアイデアを次々と出せるか

といった意味で使っていますが、この生産性が低過ぎないでしょうか?


組織全体の生産性が低いと、

  • 定期的に給料が上げられない
  • そればかりか、残業時間が増える
  • 忙しいために、不用意に新人を増やす
  • うまく会社がまわらず、トラブルが増える
  • 挙句に、人間関係の不和やストレスが増える
  • 上記のことが要因となり、離職者が後を絶たない

といった、様々な問題を引き起こし、負のスパイラルに陥ります。


実は、これらの問題は、経営理念の浸透や社員のやる気アップ、職場のコミュニケーションを良くするといった心理的なアプローチだけでは解決できません。ここで必要なのは、しっかりとした組織構造を作るための現実的なノウハウです。本セミナーでは、既にこのような問題が起きている方はもちろん、こういった人と組織の問題に陥ることなくスムーズに前に進みたい方にも有用な情報をお伝えします。

このセミナーに参加いただくと、
次のような理想の姿を目指せます。

  • 社員一人当たりの粗利を2倍に上げる
  • 定期昇給を実施し、良い給料を支給する
  • 社員の残業時間を限りなくゼロにする
  • 人手不足を解消し、無理な採用をしない
  • 仕事がスムーズに回り、トラブルも減る
  • 人間関係が良くなり、職場ストレスも減る
  • 皆が心身共に健康になり、離職者も減る
  • 皆が生産的なアイデアを出すようになる

しっかりとした組織構造を作るための
9つのポイントとは?

【その1】 組織がおかしくなり始める人数

実は、組織がおかしくなり始める人数には、経験値があります。この人数は、組織運営を考える上での、言わば「基準値」となります。この基準値以上の人数の会社を運営するのであれば、明確な組織構造が必須になります。また、この基準値で組織がおかしくなり始めることがわかっていれば、人の問題を抱えることを避けるために、あえて基準値以下の人数で止め、少数精鋭の超効率組織をデザインすることも可能になります。

【その2】 組織デザインの流れ

そもそも組織デザインとは、一体何をすることなのか、何をどういう順序でおこなえば良いのか、大まかな流れを解説します。組織で仕事をおこなう根源的な意味と、組織デザインをおこなうために必要な3ステップの中身をお伝えします。

【その3】 組織形態の3つの基本の「型」とは?

組織構造には、大きく分けて3つの基本的な「型」があります。現実の組織は、これら3つの基本の型を組み合わせて作ります。

【その4】 分業の仕方の4つのタイプとは?

組織で仕事をするということは、即ち、何らかの分業をしているということですが、この分業の仕方には4つのタイプがあります。例えば、シフトを組むとか、職務内容で担当を決めるなどしていると思いますが、こういった話題を体系的に整理してお伝えします。

【その5】 仕事の「調整」の正しい方法

仕事のトラブルのほとんどは、人同士の「調整」が上手くいかないことに起因していますが、何か問題がある度に、「コミュニケーション不足」という言葉だけで片付けてしまっていないでしょうか? 実は、この調整の方法には、必ず組織に組み込まなければならない原理原則が2つあります。

【その6】 作業の高速化・効率化のノウハウ

同じ仕事をより高速かつ効率的に処理するための着眼点として、社内のみで改善するか、他社の協力も得て改善するかの2つがあります。社内で限界まで効率化するのはもちろんですが、今後の人口減少時代を見据えると、特に、他社の人員の協力も得て効率化する必要が出てきます。セミナーでは、現状の効率の限界を突破するための戦略的アウトソーシングの考え方についてもお伝えします。

【その7】 階層構造(ピラミッド構造)の正しい考え方とは?

「階層構造(ピラミッド構造)」という言葉を使うと、旧態依然とした悪いイメージを持つ方もいると思いますが、実は、それは大きな誤解であり、間違った理解の仕方をしていると言えます。そもそも、すべての組織が何らかの階層構造を必ず形成しており、良い悪いという話ではあません。大切なのは、自社の階層構造はどうあるべきかが判断できる、正しい考え方を身に付けることです。例えば、「フラットな組織」という言葉は、しばしばもてはやされることがありますが、フラットと相性の良い会社もあれば、絶対にフラットにしてはいけない業種や職種もあります。

【その8】 組織活性化のための応用策とは?

会社組織は単に作業をこなす「機械装置」ではなく、「生き物」のようなものです。従って、組織を活性化させるには、組織を生き物として取り扱うための複数の応用策が必要になります。その中でも特に重要なのは、階層構造を壊すことなく、いかに「横のつながり」を作り出すかの具体策です。

【その9】 デザインの良し悪しの評価方法(チェック項目)

組織デザインを進めていくと、一方のメリットを優先すると、他方のメリットが損なわれるといった、トレードオフ(両立できない矛盾点)が必ず生じます。組織改革のメリットばかりに目を向けていると、それがもたらす副作用を見落としてしまいがちです。こういったミスを未然に防ぐために、デザインの良し悪しを評価できるチェック項目をお伝えします。

参加者の声

今後の拡大への方向性が見えた。現状の成り行き・個人の資質に任せた組織化から、今後の整った組織作りの姿が見えた。理論的に順を追って学べました。今後、営業所増設、新規事業を含め、シンプルで統合された管理をおこない、社長がいなくともある程度回っていく組織作りをしていきたい。
(エクステリア業 代表取締役)
生産性の正しい捉え方を理解できました。また、経営サイドの認識と共に、完結型のタスクフォース(任務組織)をうまく活用することが、組織活性化につながると理解できました。
(製造業 取締役)
今まで表面上の組織を作っていたので、スタッフ一人ひとりの職務と役割、位置付け、指揮命令系統を明確に示し、理解と納得感を得たいと思う。
(サービス業 代表取締役)
指揮命令系統やヒエラルキーの考え方について、なるほどと思いました。当社のカルチャーを考えると、ラジカルな変革はなかなか難しいので、ソフトランディングできるような方法を考えていきたいです。その他、アウトソーシングの活用についても、社内でもう一度検討したいと思います。
(製造業 取締役)
今まで組織を設計・デザインするという意識があまりありませんでしたが、今回、体系的にご説明いただけたことにより、その必要性や構築の手法が学べました。明確に図にして組織を描いたことがなかったので、今後は将来像から組織をデザインすることを心がけたいです。
(社会保険労務士法人 代表)
会社はこうあるべきという先入観が少なからずあったことに気付いた。上司は基本的には一人であるほうが良いことや、コア業務以外はアウトソーシングすべき理由が論理的に理解できた。組織をデザインする上で、まずは社員一人ひとりとしっかり向き合いたい。
(ウェブ制作会社 代表取締役)
組織をデザインするという発想がなかったので、今までと違った視点から生産性を高める手法が試せると思った。
(製造業 代表取締役)
コア業務以外のアウトソーシングを推し進めることについて、社内で反対意見が多いが、セミナーを聞いて、それが正しい判断であると自信がもてた。また、生産性の公式は参考になった。自社の話題としては、組織のトップの交代(事業承継)が起きた場合、大幅な組織の再構築が必要となるため、どのように進めるか考えていきたい。
(医療法人 役員)
2時間のセミナーで充分な内容を簡潔にわかりやすく説明していただけました。近く組織の見直しをおこないますので、この手法を使って取り組みたいと思います。組織の将来像として、生産性を高め、少数精鋭化(少人数化)を目指していきたいです。
(製造業 代表取締役)
社員一人ひとりの生産性アップについては今まで自己責任において管理していたが、今後は会社で管理する努力をしていこうと思った。また、社員一人ひとりと面談する中で、働きやすい職場を作っていきたい。
(サービス業 代表)
現状おこなっている組織の作り方の問題に気付けた。基本的には守った方が良い命令一元化の原則など、わかっていても守れていないことがある。まずは社員一人ひとりと面談を行いたい。
(サービス業 取締役)
今後の組織の姿として、しっかりとした形に落としていくことが必要になりますので、今回のような組織論の基本を知ることができたのは有意義です。
(製造業 代表取締役)
タスクフォース(任務組織)を活用する際の注意点は勉強になりました。それと、なぜ、生産性を「2倍」にしなければならないのかも勉強になりました。
(サービス業 取締役)
組織運営について、「言われてみれば確かに」といった事が多く、頭の中を整理することができた。また、手法に対する注意点も言っていただけたので、それを念頭に置いたうえで現場への落とし込みを考えることができた。
(サービス業 取締役)
組織デザインという難しい名称のセミナーでしたが、講師の説明はとても分かりやすく、丁寧な言葉で尚且つ論理的にまとめられており、すんなりと理解することができました。このセミナーを通じて、自社の組織の在り方、理想像、現状の問題点が浮き彫りになりました。早速、自社に持ち帰って検討したいと思います。
(ウェブマーケティング会社 代表取締役)

主催企業の「ロクシキ経営(株)」です。

− コーポレートスローガン −正真正銘、経営参謀

当社は、地方都市に本拠地を置く企業に対して、経営技術の支援をするコンサルティングファームです。経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、二人三脚で取り組むことができる戦略パートナーです。顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

− セミナーコンセプト −「守るべき法則」と「壊すべき常識」の違い
が認識できるようになる経営セミナー

型にはまらない自社独自の成功モデルを見出すための第一歩は、「現状認識」と「気付き」です。そして、 正しい「現状認識」と「気付き」を得るためには、時代を超えてすべての業種・業界に共通する、経営技術の原理原則を知る必要があります。経営者はともすれば、自社に都合のよい情報やノウハウに迎合してしまいます。確かに、自社に合うか合わないかは大切な判断基準ですが、それ以上に重要なのは、「守るべき法則」と「壊すべき常識」の違いを認識することです。これをもってはじめて、全体としてつじつまの合う経営ができるようになるはずです。セミナーでは、これらについてシンプルに深く考える方法をお伝えします。

− ブランドプロミス −最新技術で、2倍支援し、逃げない

当社は、顧客企業と同一の地方都市に立地しながらも、経営技術は最新(温故知新含む)のものを導入していきます。更に、地理的に近隣であることを活かして、通常のコンサルタント会社に比べて2倍の支援をしております。また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。対応地域は、長野市、千曲市、上田市、須坂市、中野市、飯山市、安曇野市、松本市、塩尻市、東御市、小諸市、佐久市、大町市の近郊です。当社は、これらのブランドプロミスを守るために、日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、経営セミナーにご参加ください。無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をご検討されている方にもお勧めです。


参加者限定の特典が2つあります。

【特典1】組織体制作りでやってはいけない12のことチェックリスト

先ほどお伝えしたように、会社組織は単に作業をこなす「機械装置」ではなく、「生き物」のようなものです。特に、社員の気持ちに配慮しながら体制作りを進めて、「納得感」を得ていくことが何よりも大切なのですが、ここに陥りやすい落とし穴が多く潜んでいます。このような間違いを犯すリスクを大幅に軽減するために、チェックリストを用意しました。


【特典2】生産性を上げるための着眼点シート

今回のセミナーは、主に組織体制の作り方に注目して生産性を向上させるノウハウをお伝えしますが、この他に、あと4つ、生産性を向上させる着眼点があります。このシートには残りの4つも含め、生産性を上げるための着眼点がすべて記載されていますので、より総合的な施策の立案に役立てていただけます。

更に、早期割引があります。

セミナー開催日の7日前までにお申し込みいただいた方には、次の早割価格でご案内します。

通常価格 9,800 円 → 早割価格 4,800 円

※なお、参加定員に限りがありますので、お申し込みは先着順とさせていただいております。

経営者限定のセミナーです。

このセミナーでは、まずは経営者が知るべき、極めて重要な内容をお伝えしています。従いまして、参加者は経営者の方のみとさせていただいております。
※ここで言う経営者とは、「代表取締役」あるいは「取締役」といった、「役員」の方のことを指します。

開催要領

開催日時 【長野会場】
A日程: 2017年11月22日(水)10:00-12:00 ※終了
B日程: 2017年11月22日(水)14:00-16:00 ※終了

【松本会場】
A日程: 2017年11月15日(水)10:00-12:00 ※終了
B日程: 2017年11月15日(水)14:00-16:00 ※終了

※セミナーの内容は、いずれの日程も同じです。
開催場所

【長野会場】
長野市生涯学習センター3F 第6学習室
(長野市大字鶴賀問御所町1271-3
TOiGO WEST)

※お車でお越しの際は、近隣の駐車場として、
TOiGOパーキングが便利です。
【駐車料】1時間200円、
長野市生涯学習センター事務室にて割引あり






【松本会場】
松本商工会館6F 605会議室
(松本市中央1-23-1)

※お車でお越しの際は、隣接の駐車場として、
松本市営の中央駐車場が便利です。(図中P1)
【駐車料】 30分150円




参加費通常価格 9,800 円(税込)
早割価格 4,800 円(税込)

※早割条件: 開催日の7日前までにお申し込みいただいた方
参加者特典【特典1】組織体制作りでやってはいけない12のことチェックリスト
【特典2】生産性を上げるための着眼点シート
定員5名(各回先着)
対象者経営者
対象地域長野市、松本市、および近郊市町村
支払い方法クレジットカードまたは銀行振込(オート銀振)

【クレジットカードについて】
VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubの5大ブランドをご利用いただけます。

【銀行振込(オート銀振)について】
登録画面の手順に従ってお申し込みいただくと、当セミナー専用の振込先口座情報が通知されますので、1週間以内にご入金ください。誠に恐れ入りますが、振込手数料のご負担をお願いします。

ご希望の決済方法のボタンからお申し込みください。

【参加費】通常 9,800 円/早割 4,800 円(税込)