経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

会社概要

ロクシキ経営が目指すもの

人は人生の多くの時間を企業などの組織の中で過ごします。
その時間が、辛くて退屈なものでしかないとしたら、どんなに不幸でしょうか。
反対に、まるで遊んでいるかのように面白くてワクワクするのであれば、こんな幸せなことはありません。
それに、人は趣味に没頭するかのように取り組んだとき、最大のパフォーマンスを発揮するのだと思います。
私たちは、顧客企業に対しても、自社においても、そこで働くのが楽しくなるような、そんな理想像を目指します。

ワクワクするようなビジネスと組織を創出するために、社会に期待を抱かせる独創的なビジネスアイデアはもとより、
組織の形態や、そこで働く人の個性、仕事のスタイルまで含め、全体が上手く機能するようにデザインしていきます。

経営方針

  • [1] 顧客の近くに事業本部を設け、顧客の近くで支援する
  • [2] 高待遇で社員、パートナーを雇い、皆の成功のために協働する
  • [3] 極めて高度な知識・ノウハウ・技術を持った組織集団をつくる
  • [4] 経営コンサルティング事業に加え、起業家活動を推進する
  • [5] 本業機能を使った、地域貢献活動(CSR活動)をおこなう
  • [6] 皆の心身の健康を増進し、自由で楽しい職場環境をつくる

社名の由来と企業ロゴ

ロクシキという言葉には、次の2つの意味が込められています。
「六色(ロクシキ、six color)」=日本の「五色(ごしき)」という言葉には、「多種多様な」という意味があります。そこに更に一色加えて、「多種多様な社員や顧客の個性を尊重する」という理念を表現しています。
「六識(ロクシキ、six sense)」=仏語に「五識」と「六識」という言葉がありますが、これは、人間の「五感」と「第六感」に相当するものと解釈できます。そこから、「五感と第六感を総動員した事業活動をおこなう」という姿勢を示しています。

mark2
企業ロゴは、社名の意味を込めた形状となっています。
すべて色と形の違う五つの三角形は、多種多様な個性を表しています。
六色目は、個性を尊重しつつも、全体が調和した六角形によって表現されています。
五感と第六感については、幾何形状の内側の五角形と、外側の六角形をもって示されています。

代表挨拶

成功している企業とそうでない企業のひとつの違いは、「プロセス」にあるように思います。
成功している企業は、独自のプロセスを経て、独自のモデルを構築し続けているのではないでしょうか。
小規模実験を恐れず繰り返し、プロセスを組織で楽しんで分かち合うような風土が、これからの企業経営には必要なのかもしれません。
当社も、独自のプロセスを経て、顧客企業及び自社の成功パターンを発見していきたいと思います。

代表取締役 中邨 康弘

【代表プロフィール】工学修士。経営学修士。重工メーカーにてロケット、ジェットエンジンの開発に従事。その後、経営大学院などを経て、長野市で戦略系コンサルティング会社「ロクシキ経営(株)」を設立。

企業情報

商号 ロクシキ経営株式会社
代表者 代表取締役 中邨 康弘
事業内容 経営コンサルティング
長野本部 〒380-0928 長野県長野市若里4-17-1
長野市ものづくり支援センター4F
TEL 050-3772-1425 ※お電話による問い合わせは受け付けておりません。お問い合わせの際は、下記のファクス、メールまたはページ下部にあるお問合せフォームからお願いします。
FAX 050-3737-1967
E-mail info@rokushiki.co.jp
URL https://rokushiki.co.jp

当社所在地



ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。