経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2018.02.19

人事評価制度その4

人事評価制度その4
 

 

中邨です。

 

 

前回から、

ひとつずつ、

人事評価制度の

 

「評価項目」

 

について考えています。

 

 

今回、2つめとして、

 

「成果」

 

を考えてみたいと思います。

 

 

成果とは、

 

・営業成績の結果や、

・企業業績の結果、

・数値目標に対する達成度合い、

 

などのことです。

 

 

私の考えとしては、

成果は評価項目に加えないほうがよい

と思っています。

 

 

その理由はいくつかあります。

 

例えば、

 

営業成績を上げた人に対して、

その手柄は本当にその人だけで

成し得たのかを分離するのは、

極めて困難です。

 

なぜなら、

 

ほとんどの会社は、

機能別に分業体制を

しいていますし、

 

先人たちの知恵に

乗っかって出した成果も

多分にあるからです。

 

また、

 

成果で評価すると、

仲間が敵になったりするので、

自分の成果に繋がらない仕事に

消極的/非協力的になります。

 

 

他にもいくつか理由はありますが、

とにかく、成果で評価するのは、

最終的には良い結果を生みません。

 

 

どうしてもやりたいという場合でも、

評価結果を賃金と連結させるのは、

ほとんどの場合で私は反対です。

 

 

成果と賃金を強く連結させるのを、

 

「成果主義」

 

などと言っているわけですが、

欠陥のある古いシステムです。

 

 

今日の話に対して、

 

「ドキッ」

 

とした方がおられたら、

少し考え方を見直してみてください。

 

 

では、またメールします。