経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2018.02.19

人事評価制度その4

人事評価制度その4
 

 

中邨です。

 

 

前回から、

ひとつずつ、

人事評価制度の

 

「評価項目」

 

について考えています。

 

 

今回、2つめとして、

 

「成果」

 

を考えてみたいと思います。

 

 

成果とは、

 

・営業成績の結果や、

・企業業績の結果、

・数値目標に対する達成度合い、

 

などのことです。

 

 

私の考えとしては、

成果は評価項目に加えないほうがよい

と思っています。

 

 

その理由はいくつかあります。

 

例えば、

 

営業成績を上げた人に対して、

その手柄は本当にその人だけで

成し得たのかを分離するのは、

極めて困難です。

 

なぜなら、

 

ほとんどの会社は、

機能別に分業体制を

しいていますし、

 

先人たちの知恵に

乗っかって出した成果も

多分にあるからです。

 

また、

 

成果で評価すると、

仲間が敵になったりするので、

自分の成果に繋がらない仕事に

消極的/非協力的になります。

 

 

他にもいくつか理由はありますが、

とにかく、成果で評価するのは、

最終的には良い結果を生みません。

 

 

どうしてもやりたいという場合でも、

評価結果を賃金と連結させるのは、

ほとんどの場合で私は反対です。

 

 

成果と賃金を強く連結させるのを、

 

「成果主義」

 

などと言っているわけですが、

欠陥のある古いシステムです。

 

 

今日の話に対して、

 

「ドキッ」

 

とした方がおられたら、

少し考え方を見直してみてください。

 

 

では、またメールします。

 

 

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。