経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2018.11.26

「ダンパー数」と会社組織について

「ダンパー数」と会社組織について

 

 

中邨です。

 

 

「ダンパー数」って、ご存知ですか?

 

 

知ってて損はないので、

覚えておいてください。

 

 

これは、ひとりの人間が、

相手と関係を結べる、

限界の人数のことで、

 

150人くらい

^^^^^^^^^^^

 

と言われています。

 

 

人類学者の、

ダンパーという先生が、

その著書で名付けた数です。

(ロビン・ダンパー(2011)『友達の数は何人?』インターシフト)

 

 

要は、

 

ひとりの人間が、

それなりに関係性を維持できるのは、

150人が限界ということだそうです。

 

 

これはとても合点がいくのですが、

みなさんも、ご自分の交友関係と

照らし合わせてみてください。

 

 

さて、

 

経営者とすると、

この150人という人数のうち、

何人分、社内に仕向けられますか?

 

 

仕事ばっかりの人であれば、

100人くらいいけるかもしれません。

 

 

しかし、

 

現実には、

 

・社外取引先

・友人、知人

・家族、親族

 

といった感じで、

どんどん取られます。

 

 

私の経験則(自信あり)だと、

社内に仕向けられるのは、

2030人くらいが限度だと思います。

 

 

なので、

 

こじんまりと、

全部を掌握して仕事したい人、

あるいは、

フラットな組織にした人は、

2030人でとどめてください。

 

一方、

 

2030人を超える場合は、

きちんとした階層構造を

設計してください。

 

自分が関係を結べる

2030人を使いながら、

更に下層の社員を管理します。

 

 

ところで、

 

以前、

フラット組織が流行りましたが、

今回の話題から考えると、

かなり浅はかな考えであると

気付けるはずだと思います。

 

 

流行りも大事ですが、

こういった、黄金律、

みたいなもののほうが、

更に大事だと思います。

 

 

ちょっと、

ご自分とダンパー数について、

考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

では、またメールします。