経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2016.02.08

3つの筋(すじ)で考えよう

3つの筋(すじ)で考えよう
御社では、どんなモノをどれくらい、どのような意図で販売しているのか明確になっていますか。今回は、これらのことを分類して整理する、「売れ筋」「見せ筋」「死に筋」の考え方についての一案をご紹介します。

「売れ筋」とは、読んで字のごとく、売れている商品・サービスのことです。顧客ニーズを満たすものですから、在庫切れなどの販売機会の損失を最小限に抑えるように管理していきます。顧客ニーズの把握と俊敏な対応が求められる商品分類です。ただし、顧客ニーズばかりを追い求めていては、競合他社と同質化してきますので、注意が必要です。気が付いたら、手間ばかりかかって全然儲からないビジネスになっている場合もあります。そこで必要になるのが、次の「見せ筋」です。

「見せ筋」は、会社として押していきたい商品、全体を盛り立てる商品、遊び心や挑戦する心を出す商品です。言い換えるならば、企業側のシーズをぶつける商品分類であり、未来の市場を創り出すための重要な部分です。ただし、パレートの法則*というものがありますから、全体に対する構成比率はほどほどにしてください。

最後の「死に筋」とは、売れていない商品・サービスのことです。売上アップに貢献していない商品分類ですから、直ちに切るか入れ替える必要があります。ただし、死に筋には2つの種類が存在します。他の商品との相互作用があるものとないものです。ある死に筋商品があることで、売れ筋や見せ筋の販売に繋がっている場合があるかもしれませんので、「意味ある死に筋」を見落とさないように注意してください。

*パレートの法則とは、「売上の8割は全商品のうちの2割で生み出している。」「売上の8割は全顧客の2割が生み出している。」という経験則から導き出された8:2の比率のこと。

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。