経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2014.10.27

売上が上がらないのは社員のせい?

売上が上がらないのは社員のせい?
経営者の心構えについて、共有したい内容があります。皆さんは、経営をしていく上で起きるすべての事象について、どれくらい経営者責任として捉えることができているでしょうか。

ハッキリと表現しますと、次のような投げかけになります。

「良くないことすべて、他人や社員、環境や時代のせいにしていませんか?」

このことは、様々な成功哲学や成功習慣の書籍で異口同音に語られています。これはもはや、売上アップのノウハウと言えるものだと思います。何か起きたら、経営ノウハウとして、「自分の責任と権限の範囲において、どんなことができるだろうか?」と考えるべきだということです。

そして、責任と権限の範囲が最も広いのは、他でもない経営者です。このことを肝に銘じずに、「これが起きたのはあいつのせいだから、あいつが悪い。」で終わっていたら、非生産的過ぎませんか?

 

では、例題で練習してみましょう。




売上が上がらず社員の給料も上げられないのは、使えない社員本人たちのせいだ。



そもそも、売上がしっかり上がるようなビジネスモデルを描けていない自分が悪い。

あるいは、社員たちが成功するような支援や仕組みを整えていない自分が悪い。

——–

 

社員がどんどん辞めて売上が安定しない。辞めた本人とその上司が悪い。



社員が定着するような会社にしてこなかった自分が悪い。

——–

 

大雪が降って、売上が急減した。どうしようもない。



大雪にかこつけて、大雪セールでもしてみようか。

今後、似たようなことが起きたら、どのようにプラスに変えて対処しようか、社員とアイデアを出そう。

——–

 

いかがでしょうか。

このニュースレターを読んでくださっている方々には、基本的過ぎることだったかもしれませんので、是非、まわりの経営者に共有してあげてください。

こちらのニュースレターの発行をメールマガジン形式でお知らせしています。最新最強の企業を目指すための「一歩先を行く、他社と違った視点や考え方」をお届けします。発行のお知らせ(ニュースレターのURL)を毎回お受け取りになりたい方は、こちらからご登録ください。