経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2018.04.23

人事評価制度の必要性について

人事評価制度の必要性について
 

 

中邨です。

 

 

ここしばらく、

人事評価制度について

お送りしていましたが、

今日で取り敢えず一旦、

終わりにしようと思います。

 

 

続きは、

8月に開催予定のセミナーに

盛り込みますので、

ご興味のある方は是非。

 

 

さて、今回は、

 

そもそも、人事評価制度って、

必要なのか?

 

ということについて、

私の考えをお伝えします。

 

 

結論から言いますと、

 

「状況による」

 

というのが、私の考えです。

 

 

じゃあ、その「状況」って何?

 

 

と思いますよね。

 

 

私の言う「状況」とは、

 

「社員の職務能力と給料の水準」

 

のことです。

 

 

これからいうことは、

私も何年か検討してきて、

辿り着いた結論なのですが、

皆さんにシェアしますね。

 

 

「しっかりとした人事評価制度が必要だ!」

 

と叫ぶ、経営者、コンサルタント、研究者などは、

 

(中小企業ありきで、)

社員の職務能力と給料の水準が

「低い」ことを前提にしゃべっています。

(本人たちはほとんどそれに気付いていない)

 

 

「スコア偏重の人事評価などは危険だ!」

 

と叫ぶ、経営者、コンサルタント、研究者などは、

 

(大企業ありきで、)

社員の職務能力と給料の水準が

「高い」ことを前提にしゃべっています。

(本人たちはほとんどそれに気付いていない)

 

 

で・・・・、私の結論なのですが、

 

状況が「低い」場合には、

しっかりとしたものを用意し、

社員に開示し、統制・教育する

必要があります。

 

一方、

状況が「高い」場合には、

ギスギスしたものはやめて、

主体性と創造性を発揮してもらう

必要があります。

 

 

しかし、現実は、

完全に逆になっているから、

みんな上手くいかないのです。

 

 

「うちにはまだ必要ない。」

 

と言っちゃう会社ほど、

緻密なものが必要なステージです。

 

逆に、

そこそこ高い状況にあるのに、

この本質をつかんでいない

コンサルに必要性を説かれて、

 

なんでもかんでもスコアにして、

社員と会社を壊す場合もあります。

 

 

今回は、超重要なことを言いました。

 

ちょっと、検討してみてください。

 

では、またメールします。

 

 

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。