経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2019.04.12

【生産性向上その10】モチベーションVSマーケティング

【生産性向上その10】モチベーションVSマーケティング

 

 

中邨です。

 

 

今年は生産性向上

一辺倒でお送りしております。

 

 

さて、

 

生産性の定義式において、

分子(粗利)を上げる時、

 

経営者やコンサルタントによって、

優先順位があります。

 

・モチベーションを上げるのが先だ!

 

という人もいれば、

 

・マーケティングが先だ!

 

という人もいます。

 

 

要は、

 

・社員のやる気が先でしょ、

 

っていう人と、

 

いやいや、

・テクニックが先でしょ、

 

っていう人がいます。

 

 

さて、どっちが正しいでしょうか?

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

私のまわりの経営者さんは、

 

モチベーションが先だと

言う人が多い気がします。

 

 

しかし、

 

この意見には、

ちょっと間違った前提が

横たわっている気がします。

 

・社員はある程度、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

マーケティングがわかっているハズ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

だという前提が・・・!

 

 

そして、実際、多くの場合、

社員の持っているマーケティングの

テクニックや知識は不十分です。

 

 

ですから、

 

「君、やる気あるの?」

 

って叱る前に、

 

ちゃんとマーケティングの

テクニックを教えてあげてください。

 

 

もしかすると、

 

やる気がないのではなくて、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

やり方がわからないだけ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

かもしれませんよ。

 

 

実際、

 

やり方がわかったとたん、

まるで水を得た魚のように、

スイスイと泳ぎ出す社員もいます。

 

 

なので、

 

テクニックがやる気を呼び起こす

こともあるのだということを、

頭の片隅に入れておいてください。

 

 

では、またメールします。

 

 

追伸

 

本当は、

両輪で両方同時に進めるのが

ベストですけどね・・・。(笑)