経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2020.07.04

【経営戦略その21】「強み」と「差別化」の罠

【経営戦略その21】「強み」と「差別化」の罠

 

 

中邨です。

 

 

今年は経営戦略一辺倒で

お送りしています。

 

 

いきなりですが、

とてもとても大事な質問です。

 

 

今、御社のビジネスが

上手くいっているとすると、

 

上手くいっている理由は、

次の3つのうちどれでしょう?

 

(今、上手くいっていない場合は、

逆の意味に読み替えてください。)

 

1 強みを発揮できている

2 差別化が機能している

3 営業や集客がうまい

 

 

いかがですか?

 

 

さて、

 

12とおこたえになった方に、

注意喚起したいことがあります。

 

 

私の今までの経験上、

 

2の差別化が機能していることは

ある程度ありますが、

 

特に、

 

1の強みを発揮できていることは

ほとんど見たことがありません。

 

 

実際は、

 

3の営業や集客がうまいことと、

2番の差別化が少し、

ということが多いです。

 

 

現実は、こんなものです。

 

 

強みと差別化はどうでもよい、

と言っているのではなく、

 

現実はもっと別の所にあるかもよ、

ということです。

 

 

特に、

 

1番の発想に傾倒している方は、

戦略としては難易度が高いので、

 

まずは3番→2番の順番の発想で

取り組まれることをお勧めします。

 

 

今日は、凄く大事なことを

お伝えしたつもりなのですが、

 

ご理解いただけることを

切に祈ります。

 

 

では、またメールします。