経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2015.12.14

給料の決め方の復習(前編)

給料の決め方の復習(前編)
前回のネットラジオ番組で話した「給料問題」ですが、次週の放送に向けて、少し整理したいと思います。

 

最初のステップとして、会社のザックリとした収支を社員に伝えてください。

誰がいくらもらっているかなどは言う必要はありません。

収支を伝える理由はもちろん、家計状況を理解してもらうためです。

ただし、次の場合は見せなくてもいいかもしれません。

 

*社員が給料に不満を持っていない

*社員が会社のことを疑っていない

*経営者としての成績表を見られるのが恥ずかしい

 

他に正当な理由もなく見せられないというのであれば、会社を私物化しているのかも・・・?

 

さて、次のステップとして、人件費のサイフの大きさを決めてください。

これは、現在の人件費の合計金額のことではありません。

会社として、人件費の総量をいくら用立てられるかということです。

このサイフの中でやりくりしていきます。

 

それでは、次回はやりくりの仕方などについて談話します。

具体的に、サイフの中身をどう割り振るかという話題です。

 

追伸

引き続き、以下の投稿フォームから、気軽にどんどん質問をお願いします。

https://rokushiki.co.jp/dejio/

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。