経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2015.11.02

チラシを使って集客力と商品力を占う方法

チラシを使って集客力と商品力を占う方法
御社では、チラシの作り方について、真剣に考えたことはありますか。「プロに外注している。」あるいは、「そんなの重要ではない。」と思われた方は、是非、最後まで読んでください。たかがチラシですが、実は、見込み客に商品・サービスの価値を訴求する最も基本的なツールであり、集客力と商品力を的確に占うことができるのです。

まず、弊社でマーケティングセミナーを開催したときの事例をご紹介しましょう。その時は、セミナータイトルのキャッチコピーだけを変えて、2パターンのチラシを用意し、長野法人会さんの機関誌に同時に折り込んでもらいました。するとどうでしょう。一方は0.05%、もう一方は0.2%の反応率を示したのです。チラシの最初のたった一行の違いだけで、申込みが実に4倍も変化してしまったのです。果たして、このことを「一大事」だと捉えていただけるでしょうか。

次に、集客力と商品力の占い方について簡単にご説明します。まず、1件あるいは複数件の注文が取れた場合ですが、売れたという事実から、集客力及び商品力は最低限の水準を満たしていると判断して良いと思います。従って、更に良い表現(言葉、デザインなどの見せ方)を見つけ、商品価値も改善をし、反応率を高めてください。他方、1件も売れなかったときの対処の仕方は厄介です。チラシの作り方が下手だったのか、そもそも商品に価値が無く売れないものなのか、あるいはその両方か、といった具合に、多角的な反省が求められます。

さて、この記事に賛同してくださる方は、コピーライティング(文章作成術)の書籍を入手して、チラシ作成に挑戦してください。反応率は様々な条件により大きく変化するものですが、まずは経験的に良く言われる0.1%を目指して自作してみてください。そして、得られた結果を深く考えてみてください。

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。