経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2017.03.13

社員に決算書を公開しよう

社員に決算書を公開しよう
社員に決算書(財務諸表)を公開することについて、経営者としての考え方はいくつかあると思いますが、当社では、包み隠さず公開することを推奨しています。今回は、これに関する考え方をお伝えします。

 

社員に経営数字を公開するメリット




社員に決算書を公開するとどのようなことが起きるのでしょうか。まずはその効用について、列挙してみます。

 

・高い人格で会社を公器とみなすことと同義となるため、社員との信頼関係ができる

・現状を同じレベルで理解できるため、共通の目的、目標に向かって協力できる

・粗利や経費などについて、経営数字へのインパクトを意識した行動が取れる

・社員の給料がどのように捻出されているのか理解でき、やる気が上がる

・会社に利益を残すべき理由が理解でき、社長の苦労を酌んでくれる

・決算書を見たかった人に公開することによって、疑念が晴れる

 

以上のように、社員が経営数値を把握するメリットは計り知れません。

ところで、そもそも、上場会社は決算公告がなされていますので、隠す/隠さないという低位なレベルの話は卒業して、基本的にはレベルの高い、公開するほうに合わせるべきでしょう。

 

決算書を隠す社長の心理とは?




当社の顧客にはいませんが、経営者の中には、決算内容をひた隠しにする方もいます。しかし、これはお勧めできない方法です。なぜなら、その心理、即ち、隠す理由が明らかだからです。社長が経営数字を隠す理由は大きく分けて次の2つくらいしかありません。

ひとつ目の理由は、「社員に知られたくない、後ろ暗いことがある」というものです。私的な経費の使い方や私的な会計処理をしているか、過剰な内部留保をしつつ自分だけ異常に高い報酬を得ているか、過去に独断で勝手に大損失を出した、といったところが関の山です。

ふたつ目の理由は、「社員に知られると、恥ずかしい」というものです。決算書は、社長の成績表と見なすこともできるものですから、普段エラそうにしているのに、実は経営者としての成績はショボかった、などということになれば、威厳が保てないのではないかと恥ずかしくなるのです。

 

公開しなくても良い場合はあるか?




先の決算書を隠す社長の心理のうち、経営数字を見られると恥ずかしいという場合には、同情の余地はあります。しかし、それ以外の理由は、やはり「見せないための言い訳」でしかないと思います。

では、本当にその他に公開しなくても良い場合はないのでしょうか? 実は、当社の経験上、次の2つの場合は公開しなくても良い可能性があります。

ひとつ目のケースは、経営数字を把握するのが社長の仕事で、実務を頑張るのが各社員の職務というように、役割分担がしっかりしていて、信頼関係もできている場合です。つまり、「社長のことは信頼しているから、数字の方は頼むよ! 逆に実務は任せといて!」という関係がちゃんとしている場合です。

ふたつ目のケースは、経営数字のことを言うと、パフォーマンスが下がるような場合です。具体的には、研究開発部門など、長期的な視点に立った仕事をしている社員に、目先の売上やコストのことばかりを言うと、かえって委縮してしまい、思い切りも悪くなり、本来の力が発揮できなくなるかもしれません。

 

公開時の注意点




最後に、決算書を公開する際に注意すべきことを2つ挙げます。

ひとつ目は、社外秘であることを強く伝えることです。近年は、SNSなどのウェブツールの発達で、簡単にいろいろな情報が出回ってしまいます。社員が不用意に口外しないよう、しっかりとしつけをおこなってください。

ふたつ目は、変に事前処理や数字の操作をしないことです。数字の一部を消したり加工したりするのは、社員の不審を招き逆効果になります。決算書は現物をそのまま開示し、説明を加えたい部分があれば、追加で補足説明をしてください。

 

以上のことを念頭に置いて、是非、社員と共に決算書を眺め、生産的な財務分析や動機付けをおこなってください。

ブランドプロミス

最新技術で、2倍支援し、逃げない

当社は、顧客企業と同一の地方都市に立地しながらも、経営技術は最新(温故知新含む)のものを導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして、通常のコンサルタント会社に比べて2倍の支援をしております。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、千曲市、上田市、須坂市、中野市、飯山市、安曇野市、松本市、塩尻市、東御市、小諸市、佐久市、大町市の近郊です。
当社は、これらのブランド・プロミスを守るために、日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
もしも、無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、無料メール会員や経営セミナーなどからお試しください。