経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2015.04.01

売上公式を理解しよう

売上公式を理解しよう
今回は誰もが知らなければならない【売上公式】についてお伝えします。早速ですが、売上というものを数式で表現すると、次のような公式を導き出すことができます。

【売上】=【見込み客数】×【顧客化率】×【客単価】×【リピート回数】

公式を見ての通り、売上を伸ばすためには、これら4つの項を大きくする以外に方法はありません。従って、すべての営業活動は、これらの4項目のいずれかをアップさせるものでなければなりません。もし、これらの項目に寄与しない作業をしているとしたら、それは意味のない行動ということです。実行中の作戦が有効かどうか、厳しくチェックしてみてください。

次に、この数式を使いこなすための基本を、少しだけお伝えします。

【見込み客数】を増やすときの基本:質にもこだわって良い見込み客だけを増加させないと、後の3項目をアップさせるのにてこずる。

【顧客化率】を改善するための基本:そもそも、商品・サービスが悪ければ(価値がなければ)、何をやっても顧客になる確率はゼロである。

【客単価】アップのための基本:商品やサービスの追加や変更など、大きなことをする前に、売り方や見せ方を工夫してみる。(例えば、提供している価値を細分化して見直すとか、サービスをパッケージ化するなど)

【リピート回数】を上げるための基本:まずは、顧客が流出するマイナス要因(不満)を特定して解決しない限り、リピート回数は増加しない。

いかがでしたでしょうか。これらの基本の他にも、アイデア次第で施策は無数に作れますので、是非、売上公式を活用してみてください。