経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2016.09.12

マーケティングに動画を活用すべき4つの理由

マーケティングに動画を活用すべき4つの理由マーケティングに動画を活用することが非常に一般的になってきました。

今回は、まだあまり動画を活用していない経営者の方に向けて、活用すべき4つの理由をお伝えします。

 

理由1. 人は動くものに反応する




人間も動物ですから、本能的に動くものに反応を示します。

この習性を利用しない手はないということです。

ホームページなどでの活用はもちろん、展示会や商談においても動画を活用してみてはいかがでしょうか。

文章だけの説明よりも、反応が良くなる(反応率が上がる)はずです。

 

理由2. 心理的なハードルが下がる




見込み客に伝えたい事が、すべて文章だけで説明されているか、大量の静止画(写真)だけで構成されていたとしたらどうでしょうか。

「ちょっと読むのが(見るのが)面倒くさい・・・。」と思われてしまうかもしれません。

しかしながら、動画であれば、再生ボタンひとつで、受け身で情報が取れるため、心理的なハードルを下げることができるのです。

 

理由3. 信頼感を得やすい




見込み客に商品やサービス、企業の様子や担当者の顔を出すことによって、信用性が得られやすくなります。

また、動画を見ると、「わかりやすい」とか、「わかったような気持ちになる」といった満足感も得られるので、信頼度アップに繋がります。

是非、商品やサービスの概要や、顧客へのメッセージを動画にして、見込み客との信頼関係の醸成に役立ててみてください。

 

理由4. 競合に後れを取る




近年、業種や規模を問わず、あらゆる企業が動画マーケティングに取り組んでいる状況を鑑みると、競合に後れを取ってしまう可能性が考えられます。

競合に後れを取らないためにも、まずは簡単なものからでも取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

動画撮影や顔出しが嫌な場合はどうしたら良いか




経営者の方の考えによっては、動画撮影や顔出しをしたくないこともあるかもしれません。

そのような場合には、音声ファイル(+静止画像)か、スライドショーで代用してみてはどうでしょうか。

動画そのものと比べると、その威力は下がるかもしれませんが、近い効果が得られるものと思われます。

当社においても、音声ファイル(+静止画像)にて、デジオトーク番組をおこなっています。

 

以上の議論を踏まえて、是非、直ぐにでも動画の活用にチャレンジしてみてください。

 

こちらのニュースレターの発行をメールマガジン形式でお知らせしています。最新最強の企業を目指すための「一歩先を行く、他社と違った視点や考え方」をお届けします。発行のお知らせ(ニュースレターのURL)を毎回お受け取りになりたい方は、こちらからご登録ください。