経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2015.05.19

経営「戦略」とは何か?

経営「戦略」とは何か?経営の話をしていて、互いに言葉の意味が通じないことが多々あるわけですが、「戦略」という言葉はその最たるものです。あらゆる場面で、○○戦略、△△戦略と使われていて、もはや無法状態です。もともとは、軍事用語であることは周知の通りなのですが、戦略の意味はなんでしょうか?

経営戦略論の世界的権威、ヘンリー・ミンツバーグ先生がその著書『戦略サファリ』でなんとおっしゃっているかというと、「戦略はプラン(Plan)/パターン(Pattern)/ポジション(Position)/パースペクティブ(Perspective)/プロイ(Ploy)である」ですが、さすが大先生、難しいですね。

ちなみに、当社がお客さんに伝えている定義は、「ある到達点(目標)に至るための思考や行動のパターン」ですが、わかりにくいですか?

経営でなくても、普段の生活の中で何かやろうとするとき、「さ~て、どうやってやろうかな。」と言って、やり方の「パターン」を考えるわけです。これが、戦略思考なわけです。

ところで、「パターン」と言われると、どんなものがあって、どれが一番良いのか知りたくなりませんか?

 

こんなとき、どう行動しますか? 




御社の戦略パターンはどんなもので、それが良いかどうかを考えるために、次の問題を解いてみてください。

——– 問題はじめ ——–

あなたの可愛い姪っ子が、ある有名私立大学にどうしても入りたいと言って、相談に来ました。とにかくその大学に入ることが目的のようです。手段を選ばず、この子に何をしてあげますか?

[1] 一番倍率が少なくて、簡単な受験科目で入れそうな学部・学科を調べて教えてあげる。

[2] 得意科目を活かして受験を突破できるように、得意科目を伸ばしてくれる塾に入れてあげる。

[3] 大学側の重役に会いに行き、大学への多額の寄付金などの話を持ち出して、ご高配いただく。

[4] 本人のやり方に任せながら、困ったときに逐一相談を受けてアドバイスしてあげる。

——– 問題おわり ——–

経営でも、こういった判断をする局面があると思いますので、じっくり考えてみてください。

 

経営戦略として正しいのはどれか? 




さて、どれが最も御社に合いますか? どれがもっとも効果的でしょうか? 4つのうち、どれが正解でしょうか?

正解は・・・「全部正解、全部不正解。」だと思います。

つまり、勝ちパターンは人それぞれ、企業それぞれです。当社としては、「勝ちたい方法で勝ちましょう!」とお伝えしています。

仮に、まわりから理解されなかろうが、専門家にケチをつけらようが、そんなこと構う必要はありません。自分のやり方を信じて突き進んでください。

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。