経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2015.01.12

マーケットインかプロダクトアウトかという不毛な議論

マーケットインかプロダクトアウトかという不毛な議論マーケットインまたは、プロダクトアウトという言葉を聞いたことがありますか?

マーケットインとは、お客さんの欲しがっている商品・サービスを考えることです。

プロダクトアウトとは、提供側からの嗜好・発想で、「こういうのがいいんじゃないか」というスタンスで商品・サービスを考えることです。

さて、最近では、どちらが重要視されているかと言えば、やはり、マーケットインでしょうか。皆、口をそろえて、

「顧客の声に耳を傾けよ」「顧客のニーズにこたえよ」「先に商品を作ってはいけない」

と言うわけです。確かにこの視点は必要です。

しかし、既にご承知の通り、「顧客の声」は万能ではありません。ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン先生も、顧客の声に耳を傾け続けることへの問題点を著書の中で指摘しています。また、スティーブ・ジョブズ氏のようなイノベータ―は、提供側からの嗜好・発想で商品・サービスの開発を行っています。だって、いくら顧客のニーズを汲み取っても、事前に

「アイフォンのような端末が欲しい!」

なんて、顧客は想像できませんからね。今まで世の中になかった新しいパターン(新結合)の商品ですから、それを見せられて、初めて、欲しい!となるわけです。

話が長くなりましたが、では、マーケットインとプロダクトアウトについて、どう考えればいいのか? そのこたえは、「そんなことどうでもいい」と思います。つまり、「発想の起点は、マーケットインだろうがプロダクトアウトだろうが構わないので、そんなことどうでもいい。」のです。それに、現実問題として、これらふたつの発想はうまく分離できないと思います。

そして、この「どうでもいい」議論の先に、ひとつの重要な質問だけを残せば良いように思います。それは、結局のところ、単純に、

「その商品・サービスは、顧客便益があり、売れるのか?」

ということです。この質問だけ肝に銘じておけば、問題なしです。

 

追伸

クレイトン・クリステンセン先生の著書はこちら

クレイトン・クリステンセン(2001)『イノベーションのジレンマ』翔泳社

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。