経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2014.12.08

セールスレターは「長い」と「みんな」に「読まれない」のではないか?

セールスレターは「長い」と「みんな」に「読まれない」のではないか?前回、セールスレター(営業トーク)の長さについて、

「手紙(話)の長さは関係ない。必要かつ十分な情報を伝えよ。」

というこたえを導き出しました。

でも、やっぱり「長い」と「みんな」に「読まれない」のではないか?

という心配をしてしまいます。

まず、「長いと読まれない」ということについて、大家の神田昌典氏は著書の中でこう言っています。

「長いから読まれないのではない。ズバリ、“つまらない”からである。」

長さは関係なくて、内容次第ということですね。

送り手に関係ある情報なのに最後まで読まれないとか、途中で捨てられるとか、要するに、中身が魅力的でないから読んでもらえないというわけです。

当たり前のことなのですが、意識しなければならない重要なことですよね。

では、次に、「みんなに読まれない」ということについて、大家のダン・ケネディ氏はこう言っています。

「もともと読む気がない多数派に、読んでもらえるだろうかと気をもむのは、馬鹿げている。そんなの構うものか。」「つまり、“買ってくれそうな人のために”書くのだ。」

いかがですか? この見解、素晴らしくありませんか?

みんなが反応するわけがないのだから、最初から、反応してくれる人が本当に反応するようなメッセージを精一杯書くのが重要だというわけです。

さて、前回と併せて、セールスレターのポイントをまとめると、

 

[1] 手紙の長さは結果に関係しない

[2] 必要かつ十分な情報を伝えよ

[3] 読まれないのは、つまらないから

[4] みんなに読ませようと思うな、買ってくれそうな人に集中せよ

 

といったところでしょうか。

是非、いろいろな場面で応用してみてください。

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。