経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2014.10.06

顧客に直接聞いて売上アップを狙うときの注意点

顧客に直接聞いて売上アップを狙うときの注意点前回、前々回と、顧客を演じる、顧客に共感する、といった方法の顧客分析をご紹介しました。

いや、そもそも、演じたり共感したりせずに、

「直接聞いたほうが早いし正確なんじゃないの?」

と思われた方もおられたと思います。

そこで、今回は、顧客に直接聞くという方法について、考えてみたいと思います。

顧客に直接、悩みや願望を聞いたほうが「早い」し、何より、「正確じゃないか!?」というわけですが・・・。

「早い」ということについては、その通りだと思うのですが、「正確である」ということに関しては、少し疑問が残ります。

みなさんも、こんな経験はありませんか。

「あんなに良いと言っていたのに、実際には買ってくれなかった。」

逆に、

「全然気に入ってなさそうだったのに、なぜか買ってくれた。」

この経験は、みなさんも共感いただけると思うのですが、つまり、悩みや願望を抱くことと、実際に行動する(買う)ことは、別だということです。

ですから、直接聞く方法で顧客分析を行う場合は、演じたり共感したりする分析方法と同様に、「その通りになるかどうかは、やってみないとわからない」ということを念頭に置くべきだと思います。

「お客さんはああ言っていたけれど、本当にそうだろうか?」

「アンケート結果はこうだけれど、本当に信じて良いのだろうか?」

と考えたほうが、更に正確な顧客分析に繋がると思います。

顧客に直接聞くという方法は、有効な方法に変わりないのですが、一度、今回お伝えしたことに気を付けながら行ってみてください。

ブランドスローガン

正真正銘、経営参謀

当社は、顧客企業の近くで経営技術の支援をするコンサルティングファームです。
経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング、人事・組織マネジメントなど、あらゆる経営要素について、
二人三脚で取り組むことができる能力を備えた戦略パートナーです。
顧客企業とともに、独自の成功モデルを継続的に構築するために、常に新しい挑戦を続けています。

当社は、温故知新の姿勢を大切にしながら、最新の経営技術を導入していきます。
更に、地理的に近隣であることを活かして手厚い支援をおこなっており、
通常のコンサルタント会社に比べて相談時間を2倍確保しています。
また、近くにいることで、成果を出さずに逃げるというコンサルタント業界の悪しき慣習を払拭しています。
対応地域は、長野市、松本市、および近郊市町村です。

当社は、ブランドスローガンに込めたこれらの想いを守るために、
日々、誠心誠意の協働をおこなっておりますので、是非一度、サービスの導入をご検討ください。
無料経営相談(診断)や経営コンサルティングの依頼をいきなりするのが不安と思われる場合は、
無料メール会員または経営セミナーからお試しください。