経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2014.09.29

共感マップを使って売上アップ

634f12_1f8ca7751d2b40a9b687fe350612fdb2
今回は、顧客目線でものごとを考えるのに役立つ、「顧客分析ツール」をご紹介します。

ツールの名前は、「共感マップ」と言って、XPLANE社が開発したものです。

上の共感マップの絵をご覧ください。

共感マップに配置された次の6つの質問にこたえることによって、顧客の目線に立って、顧客を分析していきます。

 

[1] 顧客は何を見ているのか

[2] 顧客は何を聞いているのか

[3] 顧客は何を感じ、何を考えているのか

[4] 顧客はどんなことを言い、どんな行動をしているのか

[5] 顧客の痛みやストレスは何か

[6] 顧客が本当に欲しいもの、必要としているものは何か

 

このツールは、いろいろなことに使えます。

例えば、商品・サービスの開発、顧客獲得(集客)、新規事業立案などでしょうか。

すぐにできますので、早速、やってみてください。

おひとりなら、頭の中で。

みんなでなら、模造紙と付箋を用意して。

ただし、使用するときは、お題(目的)の設定を忘れずにしてください。

こちらのニュースレターの発行をメールマガジン形式でお知らせしています。最新最強の企業を目指すための「一歩先を行く、他社と違った視点や考え方」をお届けします。発行のお知らせ(ニュースレターのURL)を毎回お受け取りになりたい方は、こちらからご登録ください。