経営セミナー・経営コンサルティングなら ロクシキ経営株式会社

ロクシキ経営

ニュースレター

2014.09.22

顧客の行動を演じて売上アップ

顧客の行動を演じて売上アップ先日、当社のお客さんとこんな会話をしました。

 

店長「先生、近所の○○社さん向けの、ティータイムセットのチラシをみんなで相談して作りました!」

私「いい感じですね。でも・・・、○○社さんの社員さんって、昼間にティータイムにこれるんですか? 事務所で仕事してますよね、きっと。ランチのお誘いに変えましょう。」

店長「あっ・・・!!!誰も気付きませんでした!」

 

さて、なんて初歩的な・・・と思われたかもしれませんが、当社も含め、顧客目線は意外と簡単に失いがちです。

そこで、顧客目線を忘れないために、(頭の中で)次の3つを演じることを習慣化してみてはいかがでしょうか。

 

[1] 顧客の一日の行動を朝起きてから夜寝るまで演じる

[2] チラシ(提案)を受け取った時の顧客を演じる

[3] 部外者にお願いして、上記の[1]や[2]を演じてもらう

 

特に、3番目の方法はかなり良い方法で、当社では必ずやっています。

「部外者」というのがミソですよ。

「関係者」は既に、顧客目線を失っている可能性が高いからです。

例えば、チラシやホームページができたら、全然関係ない人にパッとみてもらって、感想を聞いてください。

とても参考になるこたえがかえってくると思います。

是非、試しにやってみてください。

こちらのニュースレターの発行をメールマガジン形式でお知らせしています。最新最強の企業を目指すための「一歩先を行く、他社と違った視点や考え方」をお届けします。発行のお知らせ(ニュースレターのURL)を毎回お受け取りになりたい方は、こちらからご登録ください。